一条工務店 値上げ

一条工務店の値上げについて

家を建てようと思ったときに、気になるのが価格です。ただでさえ、見積りと、その後の追加分の費用というのは気になるものですが、それとは別に、値上げ、という動きがでているハウジングメーカーもあるようです。

 

 

こういった事が、ネット上などの口コミなどでも聞かれるハウジングメーカーの一つが、一条工務店です。

 

 

一条工務店は、比較的値段の安い家を提供しているという事で、予算に限りがある人にとっては、候補にもあがることが多いハウジングメーカーだといえるでしょう。

 

 

ただ、こういった一条工務店も、最近は、『値上げを見込んでいる』ということを営業から言われるケースがあるようです。

 

 

あるケースだと、もう土地は決まっている状態で、見積りをだしてもらった後に、坪当たり5千円上がる、ということを言われたといいます。坪あたり5千円ともなると、家一軒であれば、かなりの値上げとなります。ただし、仮契約をしてしまえば、その値上げ分の対象にはならない、ということです。

 

 

実際、ある期限を目途に一斉値上げ、ということもあります。実際、消費税増税に加えて、オリンピックによる建築費の高上がりというのは、不動産業界では、もう通説となっています。それに間違いはありません。

 

 

具体的には、既にこの4月以降、サッシなどの建材が一斉に値上げされた、という事実もあります。瓦なども原油高の影響で値上げになってきているはずです。

 

 

こういった事実も有りますが、反面、早い段階で契約を決断してほしい、という営業の戦略として、でてきたものであるという事も、否めないところだと思います。

 

 

ある意味、契約を決断させるための手段として、値上げ予定がある、という事を言うのは、一条工務店に限ったことではないはずです。

 

 

ただ、一条工務店の場合には、自社で多くの部品やパーツを製造しているという事がありますので、その原価の値上げが、値上げに直接結びつく、という事があり得るといえます。そういった事実面も確認したうえで、値上げにあたっての交渉をすることをおすすめします。

 

一条工務店しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

一条工務店の評判|口コミや建てた感想のTOPへ戻る

page top