一条工務店 高い

一条工務店は高い!?

自分のマイホームを建てるハウジングメーカーを選ぶのですから、安ければよい、という訳にも行きません。とはいっても、予算の上限も有りますので、賢く選びたいものです。

 

 

こういった中で、安くはない、若干高いけれど、高すぎないハウジングメーカーとしてあがってくるひとつが、一条工務店です。

 

 

一条工務店は、一般的には、たとえば大手の積水やダイワハウスという程、そこまで名前は知られていないかもしれません。しかし、住宅展示場などに行ったことのある方だと、目にしたことも多いはずです。

 

 

基本的な一条工務店の価格帯というのは、だいたい、55万円から、70万円程度だといわれています。

 

 

具体的には、工法によって違いがあり、たとえば在来工法の自由設計だと、坪60万円 〜 75万円くらい、在来工法の規格プランだと、坪55万円 〜 60万円くらいとなります。また、2×6工法の場合だと、割高になってきて、坪60万円 〜 70万円となってきます。こういった単価だけをみると、高めだ、と感じる方も多いでしょう。

 

しかし、この数字だけをみて、高いと一条工務店を判断してしまうのは、ちょっともったいないことになります。

 

 

というのは、一条工務店の家ですが、断熱性能だったり、床暖房といったものを、標準装備としているものが多くあります。こういったものは、他のハウジングメーカーの場合だと、オプションになったり、追加となって、かなりの金額がかかってくるものです。

 

 

さらに、こういった断熱性能や床暖房というのも、一条工務店においては、かなりの技術をもった上での高い性能をほこっています。

 

 

また、一条工務店の家においては、耐震性能も高いことで評判があります。というのも、もともと地震の多い静岡が発祥の地となっているで、耐震性についてのこだわりも、他社に比べて高いのです。

 

 

こういった点をかんがみると、一概に一条工務店の単価を高いとはいえないともいえます。実際、一条工務店については、CMなどでは目にしないものの、ネット上ではいろいろな評判を見れますので、こういったところから情報を得ていくことをおすすめします。

 

一条工務店しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

 

一条工務店の評判|口コミや建てた感想のTOPへ戻る

page top